top of page
  • 執筆者の写真yoshisoa0402

ホームヘアカラーの危険性10選!! 京都 長岡京市 美容室

ホームヘアカラーの危険性を10選にまとめ




ホームヘアカラーの危険性を10選にまとめ!!


艶髪&髪質改善専門店スリールのブログを覗いて頂き誠にありがとうございます!!


自宅でのヘアカラーの利便性は確かにありお手軽に出来るので使用されている方が

多いですね!!ですがそこにはすごいリスクがあり注意が必要も存在します。




  1. 過酷な化学物質: ホームヘアカラー製品には、強力な化学物質が含まれており、肌や頭皮に刺激を与える可能性があります。

  2. アレルギー反応: ヘアカラーに含まれる成分に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。これには、かゆみ、発疹、腫れなどが含まれます

  3. 健康への影響: 適切な使い方をしない場合、ヘアカラーの成分が吸収されて健康に影響を与える可能性があります。これには、皮膚感染症や呼吸器問題が含まれます。

  4. 色ムラや劣化: 自宅での塗布技術が不十分な場合、色ムラや均一でない仕上がりが生じる可能性があります。また、頻繁に行うと髪の質が劣化することも懸念されます。

  5. 髪のダメージ: ヘアカラーの過度な使用は、髪の健康を損なう可能性があります。髪の乾燥、枝毛、または抜け毛のリスクが高まります。

  6. 予期せぬ結果: 予想外の色合いやトーンが出る可能性があります。これは、ヘアカラーの種類、元の髪の色、そして塗布技術によって異なります。

  7. 専門家のアドバイス不足: 自宅でのヘアカラーは、プロフェッショナルの助言や技術がないため、失敗のリスクが高まります。特に難しいカラーリングや特別な処理が必要な場合は、専門家に相談することが重要です。

  8. 皮膚や衣服への染料の付着: ヘアカラーを塗る際に、皮膚や衣服に染料が付着するリスクがあります。これは、洗い流すのが難しい場合があります。

  9. 妊娠中や授乳中の危険性: 妊娠中や授乳中は、特にホルモンバランスが変化しているため、ホームヘアカラーの使用に関連したリスクが高まります。これには、化学物質の吸収やアレルギー反応が含まれます。

  10. 専門家の支援の不足: 自宅でのヘアカラーでは、専門家が提供するようなケアや修復処置が利用できません。髪にダメージを与えた場合、それを修復するための選択肢が限られるかもしれません。


この中でmヘアカラーのアレルギーの危険性をお伝えします】


ヘアカラーには、アレルギー反応を引き起こす可能性がある成分が含まれています。も

そのアレルギーの危険性をまとめると:


  1. 皮膚反応: ヘアカラーの成分に対する皮膚アレルギー反応が起こる可能性があります。これには、かゆみ、赤み、湿疹、または腫れが含まれます。

  2. 頭皮の刺激: アレルギー反応が頭皮にも及ぶことがあり、頭皮のかゆみや痛みを引き起こすことがあります。

  3. 化学物質への過敏性: ヘアカラーに含まれる化学物質に対する過敏症がある人は、通常よりも強いアレルギー反応を示す可能性があります。

  4. アナフィラキシーショック: まれではありますが、重度のアレルギー反応がアナフィラキシーショックに進行することがあります。これは、呼吸困難や血圧の急激な低下などの症状を引き起こす可能性があります。

  5. 長期的な影響: 長期間にわたる繰り返しのアレルギー反応は、皮膚や頭皮の健康に影響を与える可能性があります。



これらのリスクを最小限に抑えるためには、事前にパッチテストを行い、アレルギー反応がないことを確認することが重要です。また、可能な限り肌の刺激を避けるために、適切な手袋や保護物を使用することも大切です。


もっと専門的に詳しい内容はこちら!!


  1. パラフェニレンジアミン(PPD): PPDは、多くのヘアカラー剤に含まれる染料の一種です。PPDは強力な染料であり、多くの人にとっては安全ですが、一部の人にとってはアレルギー反応を引き起こすことがあります。

  2. トルエンジアミン: これも一般的な染料成分であり、皮膚アレルギーを引き起こす可能性があります。

  3. アンモニア: ヘアカラー剤に含まれるアンモニアは、髪の毛のキューティクルを開き、染料が髪に浸透するのを助けます。しかし、アンモニアは皮膚や目を刺激することがあり、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

  4. 過酸化水素: ヘアカラー剤には、髪の毛の色素を変化させるために使用される過酸化水素が含まれています。この成分は皮膚や目に対して刺激性があるため、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。



これらの成分に対するアレルギー反応は、通常は皮膚や頭皮で起こります。症状には、かゆみ、赤み、腫れ、湿疹などが含まれます。一部の人では、アナフィラキシーショックと呼ばれる重度のアレルギー反応が起こる可能性があります。アナフィラキシーショックでは、呼吸困難、めまい、意識喪失などの症状が現れることがあります。


アレルギー反応を最小限に抑えるためには、以下のような対策が取られます:

  • パッチテスト: ヘアカラーを使用する前に、皮膚の小さな部分に製品を塗布して反応を確認します。

  • 通気性の良い環境での使用: ヘアカラーを行うときは、換気が良く、皮膚を刺激しない環境で行います。

  • 皮膚保護: 皮膚保護用のクリームやバリアクリームを使用して、皮膚を保護します。

  • 専門家の助言: アレルギー反応が起こりやすい人や過去にアレルギーがある人は、専門家の助言を受けることが重要です。

これらの対策を講じることで、ヘアカラーを安全に行うことができます。


スリールでは髪に悪さを成分の除去をしっかりとさせて頂き少しでも髪や頭皮の負担を

軽減した施術を大切にしています。注意(全てをガードできるわけではありません)


しっかりとお客様が求めている艶髪をご提供する為に初回のカウンセリングは30分ほど頂いています。


髪の状態によりますが早くて半年〜1年で艶髪を手に入れているお客様が多いです。


当店は完全予約制になります。


sourire艶髪&髪質改善専門店

9時30分〜18時00分  月曜日定休日

駐車場3台有り


sourirecolore艶髪&髪質改善専門店

9時30分〜18時00分          日曜日&月曜日

駐車場3台有り


お店のホームページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓


#髪質改善京都#髪質改善トリートメント

#京都美容室#京都長岡京市美容室#京都長岡京市髪質改善


閲覧数:29回0件のコメント

Comentarios


bottom of page