top of page
  • 執筆者の写真yoshisoa0402

乾燥にお悩み、パサつき 改善方法をお伝えします。 京都 髪質改善 美容室





髪が乾燥してしまうと、せっかくのパーマやカラーも良い状態が持続しません。


髪の潤いがキープできていれば、栄養分の定着やパーマ・カラーの再現性もとても良くなり、毎日のお手入れも楽しくなりますよ!



目次


乾燥した髪の毛はどういう状態なの?


髪の毛が乾燥してパサついてしまう原因


髪の毛を乾燥させないための予防策とは


髪の毛が乾燥してパサついてしまったら


まとめ



1. 乾燥した髪の毛はどういう状態なの?



 髪のパサつきが悩みという方はたくさんおられると思いますが、それは髪の毛の水分が不足して髪の毛が乾燥している状態です。



例えば指を通したときに、引っ掛かったり絡んだりしやすい場合は、

髪の毛の水分が減っている状態と言えます。



髪の水分量がいかに大切かについてはこちらの記事もご参照ください

↓↓↓↓↓↓↓



あとは、髪色が黄色っぽく褪色していたり、静電気が起きやすいのも水分量が減っている状態だと思ってください。



 なぜ髪の毛の水分量が減ってしまうのでしょうか?


髪の毛の表面には、外部の刺激から髪を守っている「キューティクル」というものがあります。


そのキューティクルが傷付いて、剥がれている状態だと考えられます。



どうしてそうなってしまうのでしょうか?



髪の毛はもともと弱酸性ですが、これがアルカリ性に寄ってしまうと、キューティクルが傷付きやすい状態になります。


例えば美容院でヘアカラーやパーマをします。

このとき使用する薬剤の影響で髪の毛は、

アルカリ性に寄ってしまうのです。


通常だと一週間くらいで髪の毛は弱酸性へ戻っていきますが、これが戻りきらずにいる場合があります。



このような状態になると、キューティクルが損傷を受け、髪の毛が乾燥してしまうのです。



また、お風呂上がりに髪の毛をしっかりと乾かさなかったり、洗浄力の強いシャンプーで髪の毛を洗ってしまうとキューティクルが完全に閉じなかったり

水に濡れているとキューティクルは開くという性質があるので、お風呂上がりにすぐ髪の毛をしっかりと乾かすというのは重要なことなんです。



キューティクルは根元から毛先に向かってうろこ状になっているので、開きっぱなしになると手触りがザラザラになったり、指通りが悪くなってしまいます。



2. 髪の毛が乾燥してパサついてしまう原因を6つお伝えしますね!!



1: 頭皮が乾燥して、皮脂の量が足りない


頭皮から分泌される皮脂ですが、この油分が髪の毛の保護となっています。

この皮脂が足りないと、髪の毛を保護することができなくなってしまいます。



2:海やプールで髪の毛が濡れてしまう


髪の毛が濡れた状態で太陽のもとに出ると、紫外線を吸収してしまうという危険があります。

髪の毛が濡れているということは、キューティクルも開いている状態です。

そこに紫外線の影響を直接受けてしまうことになるのです。



3:髪の毛を乾かさない


シャンプー後の濡れた髪をきちんと乾かさないことも、髪の乾燥の原因となります。

特に避けていただきたいことが、髪の毛が濡れている状態で寝てしまうことです。

キューティクルが開いた状態で枕等による摩擦を受けると、髪の毛に大きなダメージを与えてしまうでしょう。



4:エアコンの風を直接受ける


エアコンの風を直で受け続けていると、髪の毛が乾燥してしまいます。

例えると、弱風のドライヤーをずっと髪の毛に受け続けている状態になるのです。



5:アイロンなどで髪の毛に熱を与える


スタイリングする際にヘアアイロンを使用している方がいるかと思いますが、このヘアアイロンの多用も、髪の毛を乾燥させてしまいます。

髪の毛に大きなダメージを与えてしまうので気を付けましょう。


6: 市販のシャンプー剤を使わない!


潤いを取り過ぎないシャンプー剤を選ぶのもポイントです。

市販のシャンプーには「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」という成分が含まれていますが、

これらが入っているシャンプーは洗浄力が強すぎて、髪と頭皮の潤いが失われます。



3. 髪の毛を乾燥させないための3つの予防策があるのでそれぞれ紹介させていただきます。




①美容院で栄養補給をする

月に一回の栄養補給をすることです。

きちんと毛髪診断をした上で、その時その時の髪の状態に合わせて栄養分を調合してくれる髪質改善サロンへ行くようにしてください。

髪の表面にコーティングするだけの「トリートメント」では髪は綺麗になりません。

髪の内部にしっかりと水分・栄養分を浸透させるエステメニューを扱っているサロンを見つけてくださいね(^^)




②毎日のトリートメントとヘアオイルを習慣化する

シャンプー後のトリートメントと、

ドライヤー前後そして外出前に、ヘアオイルを必ず使うことで、乾燥パサつきを防げます。

質の良いヘアオイルは、紫外線やエアコンの風からも髪の毛を守ってくれます。

何も付けずに乾かす、何も付けずにお出かけする、といったライフスタイルは、今すぐ徹底改善していきましょう!




③シャンプー剤を正しく選ぶ

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、髪と頭皮の潤いが失われます。

サロン専売のシャンプーを使用していただくのがベストです。

髪質改善専用のシャンプー剤には、栄養素がたくさん含まれていて、毎日のシャンプーをすることで髪の状態が良くなっていきます。



4. 髪の毛が乾燥してパサついてしまったら



髪の毛が乾燥してしまった。

パサパサになってしまった。



その場合は迅速な対応が必要です。すぐに行動しましょう。




1 : サロンケア

乾燥してパサついた髪に従来のパーマ・カラー・ストレートを繰り返していると、髪の毛のダメージに繋がります。

髪の毛をいたわり、ヘアデザインをしながらも改善メニューをしっかりしてくれるサロンに行ってください。



・今の髪の毛の状態

・改善方法

・ゴールまでにかかる期間

をきちんと言葉で説明してくれるサロンを選んでくださいね☆




2: ホームケア

月に一度のサロンケアを続けられるとして、残り353日はご自宅でのケアにかかっています!



・正しいシャンプー剤選び

・インバス、アウトバストリートメント

・ドライヤーできちんと乾かして寝る

・熱処理を多用しない



どれもすぐに行動に移せる事柄ですよね(^^)



髪の毛を大切に扱うライフスタイル、しっかり実践していきましょう♪




まとめ

髪の毛のパサつきがどうして起きるのか、どうしたら予防することができるのかを一緒に考えてみました。


「乾燥・パサつき」

放置していると必ず「切れ毛・枝毛」に発展していきます。


今回お伝えしたことはすぐに実行できることですので日々の生活に取り入れていただき美髪ライフを送っていきましょう(^-^)



スリールはしっかりとカウンセリングをして、お客様の現状とお客様のなりたいを共有していきダメージの原因を共に探り解決策を必ず見つけ出します!!正しい施術、知識そしてお客様に合わせた美髪プランで皆様かなり改善されています


スリールには



・ダメージ


・クセ毛


・カラーの持ちの悪さ



そんなお悩みを方が多くご来店くださいます。そのお悩みを改善して皆様が笑顔になってくださるのが本当に嬉しく思います



・髪を綺麗にしたい方


・悩みを改善したい方


・周りから褒められたい方



そんなお悩みの方はご希望に添えると思いますので是非ご相談くださいね。半年から一年以内に必ず理想の髪質を育んでいきますのでお任せください。


お店のホームページはこちら

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️


画面の左下をクリックしていただきLINE@を登録していただくとご予約やご相談を受け付けておりますので是非ご登録ください。


パソコンでご覧の方は『お問い合わせのQRコード』を携帯で読み取って頂きご登録ください(^-^)



↓↓↓↓↓↓↓↓






閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page