top of page

自分の髪質はどっち?剛毛と軟毛の見分け方のやり方と特徴を解説します。




あなたに髪は硬いですか?柔らかいですか?

当店のカウンセリングで必ずお聞きする質問なのですがハッキリ答えれる方は意外と少ないです。しかし髪質によってケアは変わってきますので自分の髪質をしっかり理解し正しいヘアケアに変えていきましょう!



剛毛とは?


一般的に言われる剛毛とは、1本1本が硬くてしっかりしている髪質を表しています。

毛髪の量が多く太い場合にも剛毛です。剛毛は毛髪のタンパク質がしっかり結びついており、キューティクルに隙間がない状態です。

コシがあって頭皮と毛髪が健康な証拠にもなります!


ただ、剛毛の場合には、カールなどがつきにくく、ごわごわして扱いにくいのも特徴です。

お手入れやセットには工夫が必要です。



軟毛とは?


軟毛とは細く柔らかい毛髪のことを言います。剛毛と違いキューティクルが少なく、メラニン色素も少ないことが特徴です。

髪の結合が少ないため、パーマやカラーがかかりにくく取れやすいという特徴もありますが、剛毛と比べるセットがしやすい髪質です。

軟毛だからといって髪の量が少なくなるわけではありませんが

男性ホルモンの関係で硬い髪の毛から軟毛に変化する場合もあります。

軟毛化が進行すると薄毛や抜け毛の原因になります。




剛毛と軟毛の見分け方


剛毛と軟毛を自分で見分けることができたらお手入れに活かせますね!

髪の毛一本の両端を持って水平にします。

片方の手を離して髪の毛がそのまま水平を保てば剛毛、下に下がるなら軟毛と言えます。

また両端を持って引っ張って下さい。切れるようなら剛毛、伸びるようなら軟毛だと思います。その次に指に毛髪をくるくる巻きつけてみて下さい。指を抜いてすぐ戻るようなら剛毛、くるくるのままなら軟毛でしょう。






剛毛の正しいケアとセット方法


剛毛の方が髪の毛をまとまりやすくするために最初にするべきことは、シャンプーをオイル系かアミノ酸系のシャンプーに変えることです。石けん系のシャンプーはさらに髪質をゴワゴワさせる原因になりますので、柔らかく仕上がるアミノ酸系に変えてみましょう。


また、トリートメントをしっかりすることも重要ですので毛先を中心に500円玉の2枚分の量を出してたっぷりとつけてそのあとに粗めのクシでといでくもらいお時間を8分程おいてください。

乾かす前にしっかりタオルで水分をとり(注意点ゴシゴシと髪を拭かないようにしてください!!優しくタオルに水分を吸い込ませるように)

オイル等をつけて乾かしてください。

セットする際には、ヘアアイロンを利用するとセットしやすくなります。ぜひ試してみてください。



軟毛の正しいケアとセット方法


軟毛の方のケアはハリやコシを与えるためにノンシリコンシャンプーを利用するとよいでしょう。トリートメントはしっとりし過ぎない種類を選んで頂き

500円玉1枚分の量を出してもらい粗めのクシで馴染ましてから5分程お時間を置いてください。

軟毛の方のヘアセットはふんわり感を出すために、ふんわりさせたい部分を指で引っ張りながらドライヤーをかけると効果的です。

ふんわり乾いたら柔らかいタイプのワックスを毛先につけるようにしましょう。

ワックスがつきすぎたりすると重くなってふんわりしないので、つけすぎは要注意です。




まとめ


髪の毛1本で剛毛と軟毛を見分けることができます。自分の髪質をしっかり見極めてから正しいケアとセットを行うことを忘れずに! 自分の髪質と向き合いながら、扱いやすい髪にしていきたいですね。



ヘアースリールはしっかりとカウンセリングをして、お客様の現状とお客様のなりたいを共有していきダメージの原因を共に探り解決策を必ず見つけ出します!!正しい施術、知識そしてお客様に合わせた美髪プランで皆様かなり改善されていますスリールには



・ダメージ


・クセ毛


・カラーの持ちの悪さ



そんなお悩みを方が多くご来店くださいます。そのお悩みを改善して皆様が笑顔になってくださるのが本当に嬉しく思います



・髪を綺麗にしたい方


・悩みを改善したい方


・周りから褒められたい方



そんなお悩みの方はご希望に添えると思いますので是非ご相談くださいね。半年から一年以内に必ず理想の髪質を育んでいきますのでお任せください。



画面の左下をクリックしていただきLINE@を登録していただくとご予約やご相談を受け付けておりますので是非ご登録ください。


パソコンでご覧の方は『お問い合わせのQRコード』を携帯で読み取って頂きご登録ください(^-^)



↓↓↓↓↓↓↓↓

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page