top of page

頭皮の乾燥予防 | あなたの頭皮ケアの仕方間違っているかも!



乾燥しやすくなる秋冬。



頭皮が乾燥してしまう原因や、生活習慣に取り入れやすい乾燥対策をご説明していきたいと思います。





目次


★乾燥で起きる頭皮の変化


★頭皮が乾燥する原因


★頭皮の乾燥を防ぐ対策方法




★ 乾燥で起きる頭皮の変化



寒くなって乾燥する時期に限らず、


普段の生活で頭皮の水分量や皮脂量が少なくなると、頭部にさまざまな影響が出てきます。


ただ、普段からしっかりケアをすれば、頭皮のトラブルを予防することができるでしょう。



頭皮が乾燥する原因や対策を知って、お悩みを解決していきましょう。





①フケの量が多くなる



頭皮が乾燥すると、フケの量が多くなる場合があります。



フケは新陳代謝によって頭皮の表面の老廃物がはがれ落ちたもので、誰にでも出ます。


原因として

シャンプーのしすぎ、季節の変化、睡眠不足や日々のストレスによる体調の変化で皮膚のバリア機能が低下し、頭皮の乾燥を招きます。乾燥が続くと角質層が剥がれやすくなり、白くて細かい「乾性のフケ」が目立ちます。これまで角質層で守られていたかゆみを感じる神経が剥き出しになるとかゆみを感じるようになります。



乾燥性のフケは皮脂の分泌が低下し、頭皮の水分・脂分が不足して、角質層の細胞の結びつきが弱くなり、はがれやすくなって出てきて、


フケが大量に出てくると、頭皮だけではなく髪の成長にまで悪影響が及んでいる可能性もありますので要注意です!!




②頭皮がつっぱる感覚になる



頭皮だけでなく、肌自体が乾燥しやすい人もいるでしょう。



洗顔後やお風呂上がりに肌がつっぱったり、ピリピリしたりするのと同じように

頭皮も乾燥するとつっぱった感じが出てきます。



皮脂の分泌量が少ないか、皮脂を余分に洗い流しているパターンが考えられます。

お顔と違い、なかなか感じにくい部分ではあるので自覚がない方が多いのですが、こちらも要注意です!!




③髪がパサつく



頭皮の乾燥によって頭皮の血行が悪くなる場合もあります。



毛根にある毛乳頭という部分が、毛細血管から運ばれてくる栄養を髪の元となる毛母細胞に供給し、細胞分裂を繰り返すことで毛髪が伸びていきます。



髪が一度抜けても再び生えてくるのは、この活動が正常に行われているからです。



頭皮の血行が悪くなると髪の毛に必要な栄養が供給されないため、髪がやせ細ってパサついたり、艶が出なくなってゴワついたりします。


髪がパサついたり、ゴワついたりする場合は、髪の表面を守るキューティクルが傷つき、はがれ落ちていることが多々あります。


キューティクルが完全にはがれると、髪の内部がむきだしになり、

水分や栄養、色素などが流出して、枝毛や切れ毛といった傷んだ髪になりますので頭皮環境を整えることはすごく重要なのです!




【 頭皮が乾燥する原因は!!】



では、頭皮が乾燥する原因はどのようなものがあるのでしょうか。



①髪の洗い方や頻度が適性ではない



 

スキンケアの基本が洗顔にあるように、ヘアケアの基本は毎日の洗髪にあります。



洗い方に気をつけるだけでなく、シャンプーやトリートメントをしっかりとすすぐのも重要です。


朝お風呂に入ると頭皮が乾燥しやすくなるので気をつけてください。



夜のうちに頭皮は皮脂を作り、その皮脂が、紫外線や乾燥などから防いでくれるバリア機能を果たしてくれます。



朝に髪の毛を洗ってしまうと、バリア機能の皮脂をとってしまうので、紫外線や乾燥などをもろに受けて、頭皮が乾燥してしまいます。





なので、髪の毛はできるだけ夜のうちに洗って、脂分が落ちすぎて頭皮が乾燥してしまいうのを防いでいきましょう。



洗うときはガシガシ洗わずに指の腹で頭皮をマッサージしながら優しく洗うようにしましょう。



②自分にあったシャンプーを見つけよう



頭皮を洗っていつも清潔な状態を保つのはとても大切ですが、自分の頭皮に合うシャンプーを適切に選ばなければ、頭皮環境がかえって悪くなることも。



シャンプー剤は、アミノ酸系・高級アルコール系・石けん系の大きく3種類に分けられます。



まずシャンプーを選ぶときは自分の頭皮と髪質のタイプを知ることから始めましょう



③ドライヤーの使い方が適正ではない



一般的なドライヤーの吹き出し口10cm付近の温度は約100度あります。



100度の熱風を頭皮や髪に長時間あてると、やけどに近い状態になってしまいます。



ドライヤーの正しい使い方を知っておきましょう



頭から15~20cmほど離して乾かすのがさせるのが髪にとって理想的です。



最近では低温に設定できる製品もあります。



同じ箇所に長時間ドライヤーの熱を当てないようにして、髪の根元から乾かすようにしましょう。



また、濡れたままの髪を放置したり、タオルでターバンをして放置すると、雑菌が繁殖しフケの原因になるため頭皮にもよくありません。



洗髪後の髪は、無防備で傷つきやすい状態になっているため、放置せずにすぐに乾かしましょう。




④乱れた生活習慣



偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れは、血行不良や新陳代謝の低下などにつながり、頭皮の乾燥の原因になります。



また、紫外線も水分の蒸発や軽いヤケドの状態になるなど、頭皮トラブルの原因にも。



【頭皮の乾燥を防ぐ対策方法】



では、頭皮を乾燥から守るためには、どのような対策方法があるでしょうか。



①低刺激のシャンプーを使用する



先ほどシャンプーの種類について説明した中でアミノ酸系シャンプーと言うのがあります。



アミノ酸系シャンプーは、低刺激で頭皮への負担が少なくダメージを抑えてくれるといわれています。



毎日のシャンプーで髪の毛と頭皮のケアをしっかりとしていきましょう!




②髪の毛や頭皮の正しいケア方法を身につける


頭の洗い方だけでなく、トリートメント、ドライヤー、ブラッシング、頭皮マッサージなど、髪や頭皮の正しいケア方法を身につけるのも重要です。



③頭皮の保湿ケア商品を使用する



頭皮の環境を整えるために、頭皮用の保湿ローションを使うこともおすすめです。


また、頭皮ケアの際には乾燥対策用の保湿ローションや植物系オイル配合など、自分にあった商品を選びましょう。



④生活習慣を正す



比較的すぐに実践できる頭皮の乾燥予防は、生活習慣の改善です。



まずは栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。



朝昼晩の三食を規則正しくいろいろな食品を食べ、多くの野菜を摂取するようにします。


食事の量は腹八分で、食べすぎてはいけません。


さらに徹底したいなら、髪の成長に良いとされる食材を意識して摂取するのもおすすめです。



例えば、髪の基本成分であるケラチンのもとになる、上質なアミノ酸を含むタンパク質です。

タンパク質は、肉や魚、大豆製品、牛乳、乳製品など多くの食材や製品に含まれています。

頭皮の血流を正常化するビタミンE、頭皮の代謝を活性化させるビタミンBなどといった栄養素も不可欠です。

ただし、もともと頭皮が乾燥しやすい方はお肌が弱かったりと生まれつきの体質なので、皮膚科に行ってお医者さんから適正のお薬を処方してもらうのが一番です



その中で、日頃から頭皮の乾燥予防を心がけ、フケや頭皮のつっぱり、髪のパサつきに気付いたら、乾燥対策をしていく事が良いでしょう!

正しい知識を身につけて頭皮のケアをすることが大切ですので気をつけていきましょう!


 

スリールはしっかりとカウンセリングをして、お客様の現状とお客様のなりたいを共有していきダメージの原因を共に探り解決策を必ず見つけ出します!!正しい施術、知識そしてお客様に合わせた美髪プランで皆様かなり改善されています


スリールには



・ダメージ


・クセ毛


・カラーの持ちの悪さ



そんなお悩みを方が多くご来店くださいます。そのお悩みを改善して皆様が笑顔になってくださるのが本当に嬉しく思います



・髪を綺麗にしたい方


・悩みを改善したい方


・周りから褒められたい方



そんなお悩みの方はご希望に添えると思いますので是非ご相談くださいね。半年から一年以内に必ず理想の髪質を育んでいきますのでお任せください。



画面の左下をクリックしていただきLINE@を登録していただくとご予約やご相談を受け付けておりますので是非ご登録ください。


パソコンでご覧の方は『お問い合わせのQRコード』を携帯で読み取って頂きご登録ください(^-^)



↓↓↓↓↓↓↓↓


閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page