top of page
  • 執筆者の写真yoshisoa0402

髪の艶は何歳から無くなる?京都髪質改善 美容室

スリールのブログを見て頂き誠にありがとうございます。


今回は髪の艶についてお伝えさせて頂きます。





髪の艶がなくなるのは個人によって異なります。


一般的には、加齢とともに髪の健康や艶が減少する傾向がありますが、特定の年齢からという決まりはありません。しかし、髪の艶がなくなる主な要因や傾向について詳しく説明します。



・加齢:


 年齢とともに、皮脂腺の活性が低下し、髪や頭皮が乾燥しやすくなります。これにより、髪の保湿や栄養供給が不十分になり、艶が失われやすくなります。一般的に、30歳以降からこのような変化が顕著になることがありますが、個人差があります。



・生活習慣: 


適切なヘアケアや栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレス管理などの生活習慣は、髪の健康に重要な役割を果たします。



・ヘアケアの過剰な使用: 


過剰なシャンプー、コンディショナーやスタイリング剤の使用、熱を使ったヘアスタイリングなどは、髪を乾燥させたり傷めたりすることがあり、艶が失われる原因となります。



ここからは、どのように艶のケアをしたら良いのかをお伝えさせて頂きます。



髪の艶を保つためには、適切なヘアケアが重要です。


以下に、艶を保つためのヘアケアのポイントをいくつか挙げます



・シャンプーの選択:


 適切なシャンプーを選ぶことが重要。自分の髪質や頭皮の状態に合った製品を選びましょう。保湿効果のある成分や、髪に負担が少ない製品を選びましょう



・過度な洗浄の回避: 


過度な洗浄を避けることが大切です。過度な洗浄は、皮脂を取りすぎて髪を乾燥させ、艶を失わせる原因になります。通常、1日に1回程度のシャンプーが適切です。



・定期的にサロンで栄養補給:


定期的に栄補給をする事で髪にの艶を保つことができます。保湿や修復効果のあるトリートメントをする事で髪に適切に栄養を与えましょう。



・過剰な熱や化学物質からの保護: 過度な熱を使ったヘアスタイリングや、化学的な処理(染髪やパーマなど)は、髪を傷めて艶を失わせる原因です。ヒートプロテクターを使用し過度な処理を避けましょう。



髪質改善専門店だからこそ出来るご提案をさせて頂きます。


スリールはお客様に寄り添いサポートをする存在を心掛けていますので


お悩みがある場合はぜひご相談ください。





閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page