top of page
  • 執筆者の写真yoshisoa0402

髪の艶は何歳から無くなる 京都 長岡京市 髪質改善


髪の艶は何歳から無くなる?



これは、平均は40歳から50歳までと言われていますが、具体的な年齢は一概に言えません。個人差や生活習慣、遺伝などさまざまな要因が影響します。

一般的には、年齢とともに髪の毛の成長サイクルが衰え、加齢による影響で髪の艶が失われることがあります。

特に女性の場合、更年期などホルモンバランスの変化が髪の健康に影響を与えることがあります。しかし、適切なケアや健康的な生活習慣を保つことで、髪の艶を長く保つことができるでしょう。



ここで大人の髪のケア方法をお伝えさせて頂きます。


「パーマやカラーの頻度を抑える」

髪のツヤを保つために、過度なパーマやカラーは避けましょう。できるだけナチュラルな状態を保つことが大切です。


「 ヘアケア剤の選択」

合成系のシャンプーやシリコン剤の入ったトリートメント剤は避け、髪に優しい成分を含む製品を選びましょう。即効性のある商品に惑わされず、髪に負担をかけないことが重要です。


「 頭皮ケアの重要性」

髪の健康は頭皮から。頭皮の健康を保つために、シャンプーの前にしっかりと髪をすすぎ、適切なシャンプーで頭皮を清潔に保ちましょう。


「 洗髪後のケア」

髪の毛は濡れるとキューティクルが開き、ダメージを受けやすくなります。タオルでゴシゴシ拭くのではなく、優しく水分を取り除きましょう。ドライヤーの使用も注意し、髪の生え際から向かって乾かすように心がけましょう。


「 内側からのケア」

規則正しい生活やバランスの取れた食事、必要な栄養素の摂取も髪の健康に重要です。大豆イソフラボンや亜鉛を含む食品、血行を良くする食品などを積極的に摂取し、体内から髪をサポートしましょう。 これらのポイントを意識して、大人の髪のツヤと健康を保つためのケアを行いましょう。


以下は大人の髪のケアに関する10の重要なポイントです:

  1. パーマやカラーの頻度を抑える。

  2. 合成系やシリコン入りのヘアケア製品を避ける。

  3. 頭皮の健康を保つために適切なシャンプーを使用する。

  4. シャンプーの前に髪をしっかりすすぐ。

  5. 髪を洗った後は優しく水分を取り除く。

  6. ドライヤーを使う際には根元から毛先に向かって乾かす。

  7. 健康的な生活習慣を心掛ける。

  8. バランスの取れた食事を摂る。

  9. 必要な栄養素をしっかり摂取する。

  10. 血行を促進する食品を積極的に取り入れる。

これらのポイントを実践することで、大人の髪のツヤと健康を保つことができます。


ぜひ参考にしてみてください。


艶髪&髪質改善専門店sourireではお客様の髪をサポートをすることを

大切にしております。


髪にお悩みの方はぜひご相談ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓




閲覧数:9回0件のコメント

Comentarios


bottom of page